どちらが引き取る?

By | 2016.10.02

お子さんが居る場合の離婚の際には、当然ですが、どちらかがお子さんを引き取らなければいけません。これを親権と言いますが、子供の親権は離婚の際に最も争点となる部分ですので、覚悟をしておく必要があるでしょう。

お子さんの親権を決める際には基本的に当事者同士での話し合いは平行線になってしまう可能性がありますので、弁護士などの代理人が間に入ることがほとんどですが、お子さんの希望、養育環境や収入などをトータルで判断し、親権がどちらになるかが下されます。日本では母親に親権が行くケースが多いのですが、もちろんケースバイケースですので、一概には言えません。

また、複数人子供が居る場合、両親のそれぞれの負担を減らすために、兄弟別れて親権を得ることが多いと言われています。もちろん片方の親に両方共の親権がいくという事もありますが、余程の事情が無い限り、上の子は母親に、下の子は父親にと、兄弟別々に暮らすことになることが多いと言われています。

複数人子供が居る場合は、子供の希望を聞いて親権が決められる場合もありますので、夫婦間だけではなく、お子さんとよく話し合うことも大切です。お子さんの希望が出来るだけ一番になるように、離婚を進めていきましょう。