養育費や環境

By | 2016.10.03

お子さんが居る場合の親権争いの際には、主に、お子さんの養育環境、お子さんの希望、親御さんの収入などがトータルで判断され、親権が決められることがほとんどです。具体的には、このようなことが判断材料となるでしょう。

まず、親御さんの収入についてですが、こちらは、子供と暮らしていくだけの収入があるかどうかなどの金銭面もはじめ、仕事の時間、仕事の内容なども判断基準としてあげられます。

次に養育環境についてです。仕事に行っている間子供はどうするのか、お子さんの面倒を見ることが出来るのかなど、主にお子さんが生活をしていくうえで、どちらの親についていった方が良いかが争点として判断されます。一概には言い切れませんが、仕事をしている間、両親等の親族が見てくれるというケースが有利に働くことが多いようです。

このような判断材料で親権争いが行われますが、お子さんと暮らすのに満足な収入がある場合でも、労働時間や養育環境によっては、どちらに親権が行くかはわからないと言えるでしょう。あくまで客観的に、お子さんの環境を優先して判断がされますが、場合によっては、お子さんの希望が最優先されることもあるということを、忘れてはいけません。